日記と自己紹介トップ ホームページ日記 旅と音楽 写真日記 掲示板 プロフィール ★Yahoo! 写真置き場
Diary
NTT光使用

HPを訪ねて! 自作パソコンへの推移


 2015/02/15   アマチュア無線4級 合格
東京・晴海の日本無線協会本部会場へ行きました。都営大江戸線「勝ちどき」駅から歩いて10分ほど。3階の試験会場にて当日受験手続き。写真2枚。試験手数料4950円と試験用紙代120円を支払う。時間は1時間でしたが30分で出てきました。試験終了後1時間。近所のローソンでおにぎりとコーヒを調達。近所の公園で時間つぶし。皆が帰った後、3階に合否の張り紙を見る。合格確認し2階にて手続き。免許手数料2100円用紙代170円。あとは自分宛の82円切手。持参すれば良かった。

 2015/03/15   アマチュア無線3級 合格
前回と同様に東京・晴海の日本無線協会本部会場にて取得。試験手数料5200円用紙代120円。免許申請手数料2100円用紙代170円は変わらず。自分宛の82円切手。
交通費を含め1万円弱。帰りに秋葉原のロケット無線にて無線機を見物。短波をやるには総額20万円越え。最初はハンディタイプと思っていたが、お金がかかりそう。
この勢いで2級を目指そう。
CQ出版の2級の過去問を購入。2級があれば周波数の制限は無くなる。
 4級を取ってから1ヵ月で3級をとるのはきつい。
 

 2015/04/05   アマチュア無線 2級を勉強中
近々アマチュア無線を講習会で取得出来る制度が4月1日から実施されると総務省のHPに書いてあった。(アマチュア無線3級取得者が対象の短縮コースでは法規17時間、無線工学29時間、合計46時間。標準で法規が27時間、無線工学35時間、合計62時間の拘束。3級では短期コース(4級取得者)で7時間、62時間は9倍)金銭的にも他の講習会の金額をみると、62時間だとすると8万円〜11万円近辺。
 市販の本で丸暗記では知識が足らないと書いてあったが、電気の知識なしでは丸暗記もつらい。大人は子供と違って理解しないと丸暗記も出来ない。大学受験でも傾向対策の為に、見る事がいけないとは誰も言わない。
 講習会の事前にある程度の勉強をしないと授業についていけないと思う。電気に関して、工業高校も出ていない人にとってはつらい。アマチュア無線3級に合格した知識では全然足らない。他の解説本を見て勉強が必要です。電気の公式を覚えるのが大変。これは何だの連続です。λ・θ・μ・π・ρ・εギリシャ文字の意味を知るだけでも大変。3級が終わって40日で無線工学Aはなんとか80点代にもってこれた、次は法規Aを30日ほどでクリアをめざす。8月の試験にむけて頑張る。(^^)/
 私の方針は、講習会を受けずに1回の試験で取得を目指しています。週2日の1ヶ月の拘束はつらいし金額もつらい。


前のページ 目次 次のページ