管・弦、笛その他


前のページ 目次 次のページ

29   メヌエット ヘンリー・パーセル〔英〕
Henry Purcell〔英〕
(1659-1696)
 イタリア音楽の楽しさと、フランス音楽の洗練さを取り入れました。
 オペラが得意で、「アーサー王」などが代表作です。
 
メヌエット:3/4拍子で踊られる舞踏・舞曲。
17世紀ルイ14世の宮廷の公式舞踏になった後、ヨーロッパに広まった。
 
その後舞踏としてのメヌエットはすたれていったが、交響曲や室内楽の中に存在しつづけた。
やがてベートヴェンによりメヌエットの代わりにスケルツォを採用にいたる。その後はほとんどがスケルツォになった。
 
スケルツォの意味:@、3拍子の快活な曲(内容:諧謔・軽いもの・批判)
Aバロック時代の娯楽的な声楽曲
 
MIDI↓ 1.36KB
メヌエット パーセル.mid