夏のうた


前のページ 目次 次のページ

13   【シャボ】(童謡)シャボン玉 中山 晋平
作詞:野口雨情
野口雨情の2才の娘が急死、それを悲しんで作詞した。詞の背景を知ると悲しさといとおしさが伝わってくる。
一、
シャボン玉 飛んだ 屋根まで 飛んだ
屋根まで 飛んで こわれて 消えた
二、
シャボン玉 消えた 飛ばずに 消えた
生まれて すぐに こわれて 消えた
 
風 風 吹くな シャボン玉 飛ばそ
シャボン玉 中山晋平.mid